入間川釣行!ついにバス釣りました!

バス釣り
スポンサーリンク

先日、川バスの引きに、アドレナリンがだだ漏れした独学素人アングラーのtesuです!



今回は、埼玉県を流れる入間川にて、今年の初バスを釣り上げたので、ゆるりと書いていこうかと思います。




嬉しすぎた!
というのも、全く釣れないのに釣具だけは買ってしまう私に対して、嫁様から「釣れるまで、釣具の購入厳禁!」との命令が下りました。。。

そう言われたら意地でも、釣るまで買わねーぜ!と強がる私。
それからも、釣れない日々。
(本当になにやっても釣れなかった…)

潮の引いた秋ヶ瀬に行っては、根掛かりして回収されなかったルアーを探したり。←思った以上に、根掛かりルアーありけりです!笑

そんな私でしたが、ついにブラックバスを釣り上げることに成功!

どうやって釣ったのか?
簡単に紐解いて行きましょう!

スポンサーリンク

入間川はやっぱり釣れる!


埼玉県を流れる荒川水系の一級河川である入間川。
連日数多くのアングラー達が通うバス釣りの聖地。
人気のポイントから、自分だけが知るポイントなど釣れる場所は、数知れずな人気河川ですね!


以前、釣り部(仕事の先輩などで作った釣り好きの集まり)の先輩から教えてもらった、ポイントへふらっと出かけたのが正解でした。

そこは、どこにでもある橋脚の下で、なかなかの人気ポイント。
釣った日の前日の釣行では、坊主を食らいましたが、対岸の方は、釣っていたので、魚影は濃い所でした。

釣った時のタックル

その日のタックルですが、DaiwaのBass X UL(ウルトラライト)、Daiwaのレガリス2500。
この二つは、家庭を持つパパには優しくて、安価だけど、しっかりしているんですよね!

※先日、釣具の断捨離をして、タックルをすっきりさせたのも良かったかも。


「チヌ職人」に軽めのジグヘッドを付けて、ボトムをスローに引いていると、「ガン!」という石にでもぶつかった雰囲気の衝撃があって、合わせると見事に乗って、ULロッドがぶち曲がるというファイトが出来ました!

ミミズでも釣れた!

前からやってみたかった、バス釣りにおいて「邪道」と言われる…

餌釣り!

どれくらいの威力があるか、調査も兼ねて(なんでもいいからバスを釣りたかった事もありますが。)実践!

近くの釣具屋にて、ミミズ(大きいの)を購入し、ラインに4gほどのガン玉を付けてキャスト。

長い時間釣れなく、”ミミズよりチヌ職人のが釣れたな〜“なんて思っていると、完璧な当たりがありフッキングも決まって2匹目を釣り上げたのでした!

“餌”で釣るのってどうなの?


実際、擬似餌でバスを釣る事にロマンを感じます。
ブラックバスをいかに騙して釣るか!相手も頭が良く学習して、なかなか食ってくれない。
そんな中、試行錯誤の末に釣り上げた時は、測り知れない喜びを覚えるものです。


でも、



釣れなきゃ。。。面白くないですよね?

ゆっても、釣れてなんぼ!



じゃないですか?


釣りの上手な、有名な方々でもスレたバスを釣るのが、難しくなってきている時代に、素人のアングラーには、なかなか厳しいものがあるのは事実です。


ルアーやワームで釣れないから、面白くない。と思っている方は、何にも考えずに、ミミズやその他の“”を使って釣っちゃいましょう!


で、もし“”で釣れたら素直に喜びそして、次からは擬似餌で釣りをすればいいと思います。



結局、釣れないより釣れた方が面白いんですよ!かくじつに!



これからも、あまりにも釣れない時には、「必殺 餌釣り」を出していこうと思います!笑



明日も釣りに行きたいな。

コメント